医療痩身機器の決定版 ヴァンキッシュ

他治療との比較・優位性

  • HOME »
  • 他治療との比較・優位性

Ⅰ.他の部分痩せ治療器との比較、優位性

多くの部分痩せ治療器が現在各施設で稼働していますが、
他機器との比較において総論的に申し上げられることは、

①お受けになる方のストレスが非常に少ない
・痛みがない、熱さも多少感じるが眠れる程度
・身体に治療器具が触れず、また接触媒質(オイルなど)を使わないので快適

②1回の治療範囲が非常に広いうえ、30~40分で終了する。
(治療回数は、4~6回必要です)

※ では、一度に2時間行えば、1回で終了するかというと残念ながらそうはなりません。
痛み、ダウンタイム、合併症を回避するために、あえて複数回の治療を行うプロトコル
になっています。

※ 何回も通うことが難しいという方は、ライポソニックスをご検討ください。

③脂肪層の厚みなどの制限がタイトではなく、適応が広い。
 ・治療可能部位は、腹部、わき腹、大腿(前面、外側、後面)、膝上、背部、腰部、臀部

   ・現在、大腿内側、上腕の施術が可能なアプリケータ開発中

 

Ⅱ 当院の他の機器との比較

ライポソニックス

①ライポソニックス

1回の治療で大きな効果(ワンサイズダウン)が得られる。
脂肪層の厚みが2.5cm以上ある部分のみ治療可能。

治療中、多少の痛みを伴う(施術法を工夫していますので、
ほとんどの方が十分耐えうる程度です)。

治療後は時に、内出血、感覚の鈍麻が一時的(2~4週間)
生じることがある。

4.5x4.5cmを1エリアとして、費用は算出される。
費用は、クリニックにより違いはあるが、
1エリアあたり2.5~4万円程度(当院は、2万5千円)

所用時間は、1エリアあたり5分

 

 

ウルトラアクセント②ウルトラアクセント

特殊な超音波(せん断波)を用いるため痛みはなく、
ダウンタイムもない。

部位によって異なるが5回ほどの治療が必要になる。
顔も含めて、治療部位や脂肪層の厚みよる制限はない。

10cm×10cmを1エリアとして、費用が算出される。
費用は、クリニックにより異なり、1エリアあたり2~3万円程度
まとめて数十エリアなどで契約されることが多い。
所用時間は、1エリアあたり20分程度

 

Ⅲ 考察

ヴァンキッシュ


①お受けになる方のストレスを極限まで減らした治療器。
この点では比肩するものがない。
②1回の治療範囲が、ライポソニックスの30エリア~、ウルトラアクセント8エリア~程度ある。
③施術回数は4回を要するが、1回の治療時間は30分程度、トータル約2時間施術範囲の広さを考えると、むしろ治療効率は非常に良いと言える。

 

 

機器の比較 
ヴァンキッシュ ライポソニックス ウルトラアクセント
 特徴  非接触施術範囲が広い  1回の治療で大きな効果
 が得られる。
 テノールによるリンパ
ドレナージュ様の効果も
期待できる。
 施術回数  4~6回  基本的に1回  4~6回
 施術時間  30分  4.5cmx4.5cm を約5分  10cmx10cm を約20分
 痛み  無痛  多少の熱さ、痛みを伴う  無痛
ダウンタイム  なし 皮下出血、しびれ感が短期間残る  なし
デメリット  ほとんどなし ほとんどなし  ほとんどなし

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6426-2012 受付時間 10:00 - 19:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP
Copyright © ペルラクリニック神宮前 All Rights Reserved.