結論から申し上げると
腹部、側腹部、背部、腰部、大腿前面、大腿外側、臀部です。

アプリケータ(下の写真を参照してください)の大きさ、形状から、

pozner1_01

腹部と側腹部(仰向けでベット上に現れている部分)
腰部と側腹部(うつ伏せでベッド上に現れている部分)
大腿前面と外側(体格にもよりますが大腿の半分程度はカバーできます)
臀部と大腿外側

など、傘のように(あるいは屋根のように)開いた部分に囲える範囲
すべてを加療することができます。

images (1)
*赤い部分が温度が上がっている部分ですね。
かなり広範囲にわたっていることがおわかりになると思います。

現在、さらに大腿内側、上腕(二の腕)の施術も可能なアプリケータも
開発中です。