広範囲の部分痩せが比較的効率的に達成できるヴァンキッシュですが、
最近多少は知られるようになったためか、お問い合わせが増えています。

この施術で効果をきちんと現出していくためには、細かい調整が必要です。

施術内容をあまり考えずに俯瞰すると、「術者が行うことは最初のセッテイングと
リスクを回避するために時々チェックするだけ」のように思われますが、さにあらず。

当院の場合、安全な範囲で攻めの施術を行いますので、頻繁にアプリケータと
身体の距離と角度を調整しています。

要は術者が楽をできるという施術ではないのです。本気で行えば。

お受けになる方にとっては、熱ストレスは皆無ではないものの、
お慣れになれば寝ていられる程度のものです。

また、多くの誤解があるようですが、アポトーシス(細胞の死の一形態。この機器を
はじめ、多くの痩身機器において、減脂にいたる組織変化で生じるとされる現象)は、
この対立的な概念であるネクローシスと異なり、ごく短時間で終了します。

アポトーシスは免疫系の細胞であるマクロファージによる処理まで含めても
数時間で終了します。

ですから、1回の治療でも効果が目に見えてわかる人もいます(個人の感受性の問題
ももちろんあります)。

このように効果が短期間でわかる人と、全施術行程(4回ほど)の後、数か月経過して
はじめてわかるという人もいますが、これは年齢や脂肪の性状と関係があります。

いずれにしろ適切に施術を行えば、脂肪細胞のアポトーシスをへて、確実に脂肪細胞を
減少させることができます。

いましばらくはモニター治療を継続しますので、ご興味をお持ちの方はご連絡ください。