脂肪組織は実際どのくらい減ったのかということですが、施術部位である
腹部のデータで、脂肪層が平均70%も薄くなったという結論でした。

個体により、部位により、11.3mm~25.5mmの脂肪組織の厚みのばらつきが
あったようですが、治療後3か月後のデータで、平均6.9mm減少したとのことです。

また、随時血液検査も行われており、血糖、ビリルビン、尿素、ALT、総コレステロール、
HDL及びLDLコレステロール、トリグリセライドの値に施術の影響は見られておりません。

副作用も現れず、皮膚が赤みを帯びた程度であったということです。

以上の結果から、安全で効果の高い治療法(そのプロトコルも含めて)であることが
確認されたわけです。