部分痩せ治療ヴァンキッシュの新しい文献が米国の雑誌に発表されましたので、
その概要をご説明します。

様々な年代の男女35人に対して、腹部~わき腹の施術が行われました。

1回30分、毎週施行でトータル4回という通常プロトコルです。

施術に伴う不快感はほぼゼロで、むしろほとんどの方で心地よい暖かさをお感じに
なっていたようです。副作用もなく、あえて申し上げれば、施術部位に赤みが出た
程度です。

肝心の効果ですが、腹囲計測で平均4.93cmの減少がみられたとのこと。

ベースの測定値の個人差ももちろん大きいのですが、32人の方で、1~13cmの
減少が認められたとのことです。

その分布ですが、5人の方が1cm以下の減少にとどまり、14人の方が1~4cm、
9人の方が4~7cm、3人の方が7~10cm、4人の方が10cm以上の減少という
結果でした。

被験者の満足度ですが、満足~大変満足という方が、71%(35人中25人)で、
どちらともいえないという方が11%、不満足という方が17%という数字でした。

腹囲の減少と満足度をよく見比べると、2cm以下の減少しか認められなかった人は、
満足感が得られてないようですね。

全く反応がみられなかった方も、3人おいでになったようですが、非常に脂肪層の
薄い方であったとのことです。

脂肪層を選択的に加熱するシステムですので、確かにそもそも脂肪層が薄い方は、
反応し辛い側面があります。

しかし、ケースを選んで施術を行えば、非常に優れた結果が出せる機器であることは
間違いありません。